ワンルームマンションを売却するなら慎重に業者を選ぼう

街の絵

賢い資産整理

新築でワンルームマンションを購入した場合、購入から約15年後程度に売却をするのが良いです。理由は節税効果がなくなってくるのと、築年数が20年以上経過すると価格が下落する傾向があるからです。また、高額で売却をする場合、仲介業者数社に売却を依頼し、一番条件の良い会社を選ぶと良いでしょう。

不動産を売る場合

模型

一連の流れ

ワンルームマンションを売却するには、いくつかの手順があります。手順は、準備、査定、媒介契約、販売、売買契約、引渡の順序で売却を進めます。ワンルームマンションを売却する準備として、ワンルームマンション購入時の売買契約書、登記簿、印鑑証明など売却に関する書類を準備する必要があります。準備ができたら、ワンルームマンションの売却査定を依頼します。購入時と売却時の不動産価格は路線化の変動により査定価格がいくらになるか、事前に不動産会社に依頼することで、いくらで売れるかの基準を知る必要があります。咲いて価格を基準に不動産会社と売却に関する媒介契約を締結します。一社だけと契約する場合は専任媒介契約となり、複数の会社と契約する場合一般媒介契約となります。売却時の動向やリスク回避の懸念から、複数の会社と媒介契約を締結する一般媒介契約が多いです。媒介契約を締結後、不動産会社がワンルームマンションを販売開始します。不動産情報誌やインターネットを利用し、早期に売れるように不動産会社は動きます。短期で売れることで、キャッシュを手に入れるメリットが生まれるため、早期で売ることを目標に不動産会社は動きます。販売活動後、売却できたら、売買契約と引渡となります。注意点として、売却価格とは別に、不動産会社へ仲介手数料を支払います。仲介手数料の相場は、400万円超で、売買金額の3%+6万円です。売買契約、引渡しは、双方同席の元で契約締結されることが一般的です。

イチオシサイト

  • Another Sky

    石垣島の貸別荘を利用したいと感じている人はいませんか?利用状況が知りたいならチェックしてみるといいでしょう。
  • CRP流通サービス

    宇治市で不動産選びを行なっている方必見ですよ。こちらなら、物件・土地の取り扱い数がとても多いので選びやすいと言われています。
  • 長栄マンスリーマンション受付センター

    自身の滞在日数に合った契約形態をご案内。京都で長期滞在を考えているなら、こちらの不動産会社で物件を探しましょう。

先々を見据えよう

ワンルームマンションは独身女性などに需要が高まることが予測されます。そのため、売却は一昔前よりもスムーズにいきやすくなっています。まずは不動産会社を探し、査定額を比較してみましょう。タイミングをはかることも大切です。

税金の知識

ワンルームマンションの売却では、マイホームとして利用をしていた場合には消費税や譲渡所得税がかからないケースが多いです。しかし、投資目的で利用をしていた場合には、建物に対しては消費税がかかります。譲渡所得が発生している場合には、その金額をしっかりと計算しておきましょう。