ワンルームマンションを売却するなら慎重に業者を選ぼう

積み木と紙幣

税金の知識

マンション模型

特例の利用

ワンルームマンションを売却する時には、税金の知識をあらかじめ身につけておきましょう。個人でマイホームとして利用をしていた場合には消費税はかかりませんが、ワンルームマンションを投資のために利用をしていて、それを売却する場合には、建物に対しては消費税がかかってしまいます。ワンルームマンションを売却する時、ほとんどの場合には譲渡所得は発生しないでしょう。現在ではマンションを購入して、数年後に売却をする場合には、購入時よりも安く売れてしまうのが一般的です。減価償却費が計上されることを考慮しても、譲渡所得はゼロになるケースが多いです。仲介手数料やローンの利息など、経費として計上できるものもしっかりと計算に入れておきましょう。もしも譲渡所得が発生していたとしても、マイホームとして利用をしていた場合には、3000万円控除の特例が利用できるので、所得税・住民税はゼロにできる可能性が高いです。特例は自動的には適用されないので、確定申告をすることを忘れないようにしておきましょう。ワンルームマンションを投資のために利用をしていた場合には、マイホームの特例は利用ができません。譲渡所得税がいくらかかるのかは、しっかりと計算をしておかなくてはなりません。ワンルームマンションを売却する時には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。親身になって相談にのってくれて、税金のことについてもアドバイスをしてくれるような不動産会社の担当者ですと、安心ができるでしょう。